花き収穫体験から みついし農業実験センターにて

10月2日の金曜日、新ひだか町農業実験センターで町特産のデルフィニウムの収穫体験がありました。移住者の方と体験居住者10名の参加でしたが、難しい収穫の作業と選定の作業を教えていただきました。お花の出荷が忙しい夏場は、人出が足りず生産農家さんも大変だそうです。気候と開花のタイミングを見ながらの毎日ですから、出荷できなかったら大変なことになってしまいます。お花の扱いもデリケートさが求められます。こういった作業体験をとうして、地場産業の活性化と生産者さんのお手伝いに貢献できればと思っております。