オロナミンCは北海道の定番!

大塚製薬のエナジードリンクとして歴史があるオロナミンC。北海道民にとってはお盆のお供物用など夏の定番なのです。なぜこんなにオロナミンCが愛されているかというと、糖分+カフェイン+ビタミンB群がエナジー飲料の必須原料であり、この糖分に当たる砂糖を、テン菜(ビート)から生成しているわけです。

オロナミンCのカフェインとちょっとした糖分が体感性をあげるといわれています。北海道清里町などには広大なビートの畑が広がっています。そんなわけで地産製品の代表として、オロナミンCは愛されてきたわけですね。町のジャガイモ畑全部がポテトチップメーカーの畑だったり、スイートコーンの畑も、町ぐるみで企業と協賛していたり、大規模農業は北海道の代名詞と言えます。