ペラリ山登ってきました

静内山岳会主催による、第59回春の町民登山大会が21日行われました。

今回は豊畑にあるペラリ山(719m)でした。

朝、8時30分に町役場を出発。バスで登山口まで輪行。山岳会の方の指導による山登りのためのストレッチから始まりです。さあ、出発。登山口まではなだらかな林道を豊畑の景色を見ながらゆっくりと進みます。林床にはびっしりとミヤコザサが生えて、この登山道も事前に山岳会の方がササを刈り、道を確保していただいたそうです。ササの道は枯れ草もあり、柔らかいのですが、滑りやすく、勾配のきつい斜面もありました。途中休憩をとりながら、みなさん頑張って、天測点のある頂上へ到着。エゾオオサクラソウの可憐な花がいたるところに。5月とは思えない暑い日でした。頂上での温かいコーヒーのご馳走に、感激です。

この日挑戦された、最高齢者は86歳健脚ですね。最小は8歳でした。帰りは、急勾配の滑りやすい道でしたから、使ったことがない筋肉が悲鳴をあげました。ガイドブックでは、日高山脈で一番難度の低いペラリ山ですが、初心者にはこういったトレーニングを続けていかなければいけませんね。下山したら、温かいお蕎麦までいただいて、至れり尽くせりの登山会でした。山岳会のおもてなし、サポートに感謝いたします。

新ひだか町には、素晴らしい人たちがいっぱいいます。