16日 5月 2020
4月から世界中で猛威を振るった新型コロナウイルス。世界で累計患者数が400万人を超えるような世界的パンデミックとなってしまいました。日本では新規患者数の大きな波の1波がすぎ、これからは経済的立ち直りの機会を見据えながら、コロナウイルスと長期戦の戦いに備えるという生活が始まります。ただ、ここまでに受けた大きなダメージは、短期間の修復では不可能と思われるほど経済的落ち込みは大きいようです。観光で経済が成り立つ北海道は、インバンド需要がほぼゼロとなり、加えて本州からの移動も制限され、観光客がいなくなりました。 今年の「静内さくら祭り」も中止でした。出店組合の方々やホテル、飲食店など多くの関係者の方が影響を受けたようです。 桜は例年通り、満開に咲いて、駐車帯に止める車もいなくてとても静かで、初めてこんな綺麗な桜を見た気がしました。 人の心に寄り添うように、桜は咲くから美しいわけで・・・来年は、コロナが終息し、日常が戻っていることを願っております。
08日 4月 2020
2月から新型コロナウイルスに学校も対策に追われ、やっとできた卒業式から、今日まで長かった気がします。お子さんをお持ちの家庭にとって、学校が始まってもらえると、やっと日常が戻った感覚になるでしょうね。今日は、在学生の始業式が8時30分からあって、10時から新入生を迎えた入学式があるそうです。元気な顔に会えて少しコロナで沈んだ気分が晴れたような。
31日 3月 2020
3月末をもって、令和元年の「ちょっと暮らし体験住宅」の貸出期間が終了することで、1年の間ご利用いただいた方の簡単な送別会を開催いたしました。静岡に帰られる方と大阪に変えられるご家族でした。こちらの小学校で最終年を過ごされたKさんと、中学生の兄弟には、この町がどんな印象に残って、良い思い出を持って帰っていただけたのか?ちょっと心配でした。これからの道のりにプラスになっていただければ嬉しい限りです。これからは子供さんを連れた長期の方が、増えるようです。色々なサポートの形を考えていかないといけなくなりますね。みなさん、ありがとうございました。
27日 1月 2020
北海道保健福祉部より中国武漢をを中心に発生し、猛威を振るっている新型ウイルスの罹患患者が、春節のシーズン道内を訪れることについて、宿泊施設を運営する管理者に対して、行政からの連絡書が届きました。 ●感染が疑われる宿泊者を把握した場合の対応 1. 保健所の指示があるまで、宿泊部屋から出ないように依頼する。  ...
21日 1月 2020
馬と共に生きる人々に聞いた。人と馬のこれから。1/17まで新宿K's cinemaにて。...
01日 1月 2020
私はずっと「おみくじの凶」を引くことが元旦のノルマとしてきてきました。ここ数年、凶が出なくなり。3〜4回買って出なかったら諦めておりました。今年は、1回で凶を引き当てました。なんという強運でしょう。 凶を忌み嫌うことなく、逆に数少ない中から、ラッキーカードを引けたという意味で。自らを鼓舞し、ついてるぞと思い込むようにしていおります。
02日 10月 2019
9/7の土曜日、馬キッズツアーが開催されて3回目のBTC(日高育成牧場)の見学に行ってきました。浦河町にあるJRAの運営するサラブレッドの育成を行うトレーニング施設です。見晴らしの丘から見える広大な敷地、直線1000mの屋内ウッドコースを始め、坂路コース、ダート周回コースなど備え、状況に合わせたコースがあります。サッカーコートでいうと20面以上は取れるということです。初期馴致から馬を慣らす訓練について、子供たちは真剣に勉強しておりました。
25日 9月 2019
9/23朝のtvh北海道テレビ「青春サラブレッド〜北海道の夏を駆け抜けた、高校生とサラブレッドの物語〜各方面から好評の声をいただきました。部長の菊池くんや副部長の矢野君をはじめ、町外や本州からこの学校を目指して、馬の生産を勉強したいという想いで、下宿生活を送った彼らの3年間に時間があります。集大成であった、8/22のサマーセールの舞台が最後であったわけです。ハルトとなずけられた愛馬は来年中央の舞台でターフを走ってくれるでしょう。馬を生産する苦しみや喜びを彼らのこれからの人生に行かせてもらえれば、関係者のみなさまにとっては嬉しいことでしょう。
20日 9月 2019
新ひだか町の体験住宅に入居されている「リトミック講師」の小林先生による、リズムと人間の感覚をや神経をトレーニングする音楽療法、「リトミック」のさわりについて、簡単な講座でしたが、教えていただきました。小学生や若い方達はリズム感も良くて、リズム音痴の老人はついていくのがいっぱいでした。みなさん爽やかな汗を楽しまれたようです。小林先生ありがとうございました。
09日 9月 2019
毎年多くの方が、このイベントに参加して、自分の絵を作品として残す作業に没頭しています。馬が近くにいる風景が本当に自然で、気持ちよく感じられます。おもいおもいの作品をランダムに構成して、さあどんなトートバックに仕上がるでしょう!「クマのフライパン」さんのランチもとっても美味しかったですね。ごちそうさまでした。

さらに表示する