24日 8月 2019
静内農業高校今年の市場取引馬は父エスケンデリア×マドリガルスコアの牡馬。馬も人も緊張した引き馬の中で無事に大舞台を終えました。オーナー様は札幌在住の富樫様。中央でのデビューを目指していただけるようです。SSの肌のストームキャットですからアメリカ系のダート血統ですね。気性が大人になってスピード豊かな馬に成長していただければ、ファンも増えてくれるのではないでしょうか。3年生の皆さんお疲れ様でした。
12日 8月 2019
今年で3年目を迎えた、馬キッズの門別競馬場ツアー。メンバーが低学年になってそれぞれに新しい驚きがあるようです。この日は、オアドック解説に古谷さんを迎えて、パドックでの馬の見方や仕草について教えてもらいましたね。1Rは「ひだか馬キッズ賞」と冠がついたレースでした。子供達の手作りの表彰状や、メダルが調教師の先生とジョッキーに送られました。
07日 8月 2019
北海道キャンパーとして多くのお仲間さんに愛された高松市の三原...
28日 7月 2019
2019馬キッズ探検隊 第4回は、7月15日、静内農業高校生産学部を訪ねて、厩舎作業と生産に関わる学校の実務を体験してきました。毎年迎えてくれる高校生も、指導やコンタクトが上手くなっておりますね。子供達の中には生産牧場の子どもたちも参加しているので、慣れた子どももいます。日本で唯一のサラブレッドを生産している農業高校ですから、ぜひ将来農高にはいいて勉強してもらいたいものです。
10日 6月 2019
全校生徒130名余の山手小学校の運動会。毎年、生徒数が少なくなって静内地区では一番小さい学校になってしまいました。集まってくれる父兄の数も減ってきたようですね。今年は、体験居住で山手小に通う生徒が2名おられました。本州から空気の良い田舎の学校に来て、馴染んでいる姿を見てホッとしております。校長先生の人柄もあって、楽しそうな運動会でした。
29日 5月 2019
5月28日、鳧舞のMK Ranchさん主催の「牧場作業体験会」に参加してきました。この企画は、人で不足に悩む馬山地、生産牧場のスタッフの働く方を改善し、ひいては新しい人材の発掘繋がるように企画されました。馬の馬房を日々清掃し、快適な環境を作ってあげることは重労働であり、忍耐が必要なことです。Bok...
26日 5月 2019
5/25日快晴の北大静内研究牧場へ。2019ひだか馬キッズ探検隊のスタートです。今回の講師の皆さんは、・新ひだか町博物館学芸員 斎藤さん・日高の森と海を語る会 豊川さん・北大静内研究牧場 河合場長の3名の方でした。小学生には少し難しい歴史や地理の話もありましたが、なんとかくいていていってもらえたようですね。限られた時間、スケジュールの中で精一杯のスキルを得て欲しいと思って、内容も多岐にわたりハードですね。静内研究牧場で生産される「赤毛短角牛」は食肉加工用の牛ですから、牧草を手に食べてあとはコーンや肥料で700kgまで成長させて出荷されるそうです。ここの和牛の人気が上がってブランド的な価値が生まれると、新ひだか町にとっても喜ばしいですね。これから1年度のよう子供達が成長するでしょうか? 楽しみにしていきたいと思っています。
22日 5月 2019
 「道内民泊の安全・安心の確保に向けて」と題された、北海道観光局、札幌市観光・MICE推進課、北海道開発局建設産業課が主催した、民泊の事業者、および管理業者に向けての講習会を受けてきました。...
05日 5月 2019
5月3日前日までの雨も上がって、五月晴れとなりました。こういうお祭りの機会を通じて町民の方に移住者の取り組みがあることの告知も大切だと思っております。「ちょっと暮らし体験住宅」に入っていただいている方や、移住者の方がブースを訪れていただきました。札幌圏の方の観光のお客さもが多い印象でした。また故郷に都会の方が移住されていることに驚いている方もいらっしゃいました。次は、7月の「蓬莱山祭り」がイベントになります。
11日 4月 2019
4月から新ひだか町でちょっと暮らしを始められた皆さんにご参加いただいた4月の「午後カフェ」でした。5月1~6日に開催される「静内桜祭り」にちょっとした案内ブースを設けて、移住相談やっていきます。ちょっと暮らしで来ていただいている方のお花見スポットの待合所になれば、それで十分です。それに付随して町民の方にもこういう活動があることを知ってもらえればいいのではないでしょうか。随時SNSであげたいと思います。

さらに表示する