02日 10月 2019
9/7の土曜日、馬キッズツアーが開催されて3回目のBTC(日高育成牧場)の見学に行ってきました。浦河町にあるJRAの運営するサラブレッドの育成を行うトレーニング施設です。見晴らしの丘から見える広大な敷地、直線1000mの屋内ウッドコースを始め、坂路コース、ダート周回コースなど備え、状況に合わせたコースがあります。サッカーコートでいうと20面以上は取れるということです。初期馴致から馬を慣らす訓練について、子供たちは真剣に勉強しておりました。
25日 9月 2019
9/23朝のtvh北海道テレビ「青春サラブレッド〜北海道の夏を駆け抜けた、高校生とサラブレッドの物語〜各方面から好評の声をいただきました。部長の菊池くんや副部長の矢野君をはじめ、町外や本州からこの学校を目指して、馬の生産を勉強したいという想いで、下宿生活を送った彼らの3年間に時間があります。集大成であった、8/22のサマーセールの舞台が最後であったわけです。ハルトとなずけられた愛馬は来年中央の舞台でターフを走ってくれるでしょう。馬を生産する苦しみや喜びを彼らのこれからの人生に行かせてもらえれば、関係者のみなさまにとっては嬉しいことでしょう。
20日 9月 2019
新ひだか町の体験住宅に入居されている「リトミック講師」の小林先生による、リズムと人間の感覚をや神経をトレーニングする音楽療法、「リトミック」のさわりについて、簡単な講座でしたが、教えていただきました。小学生や若い方達はリズム感も良くて、リズム音痴の老人はついていくのがいっぱいでした。みなさん爽やかな汗を楽しまれたようです。小林先生ありがとうございました。
09日 9月 2019
毎年多くの方が、このイベントに参加して、自分の絵を作品として残す作業に没頭しています。馬が近くにいる風景が本当に自然で、気持ちよく感じられます。おもいおもいの作品をランダムに構成して、さあどんなトートバックに仕上がるでしょう!「クマのフライパン」さんのランチもとっても美味しかったですね。ごちそうさまでした。
24日 8月 2019
静内農業高校今年の市場取引馬は父エスケンデリア×マドリガルスコアの牡馬。馬も人も緊張した引き馬の中で無事に大舞台を終えました。オーナー様は札幌在住の富樫様。中央でのデビューを目指していただけるようです。SSの肌のストームキャットですからアメリカ系のダート血統ですね。気性が大人になってスピード豊かな馬に成長していただければ、ファンも増えてくれるのではないでしょうか。3年生の皆さんお疲れ様でした。
12日 8月 2019
今年で3年目を迎えた、馬キッズの門別競馬場ツアー。メンバーが低学年になってそれぞれに新しい驚きがあるようです。この日は、オアドック解説に古谷さんを迎えて、パドックでの馬の見方や仕草について教えてもらいましたね。1Rは「ひだか馬キッズ賞」と冠がついたレースでした。子供達の手作りの表彰状や、メダルが調教師の先生とジョッキーに送られました。
07日 8月 2019
北海道キャンパーとして多くのお仲間さんに愛された高松市の三原...
28日 7月 2019
2019馬キッズ探検隊 第4回は、7月15日、静内農業高校生産学部を訪ねて、厩舎作業と生産に関わる学校の実務を体験してきました。毎年迎えてくれる高校生も、指導やコンタクトが上手くなっておりますね。子供達の中には生産牧場の子どもたちも参加しているので、慣れた子どももいます。日本で唯一のサラブレッドを生産している農業高校ですから、ぜひ将来農高にはいいて勉強してもらいたいものです。
10日 6月 2019
全校生徒130名余の山手小学校の運動会。毎年、生徒数が少なくなって静内地区では一番小さい学校になってしまいました。集まってくれる父兄の数も減ってきたようですね。今年は、体験居住で山手小に通う生徒が2名おられました。本州から空気の良い田舎の学校に来て、馴染んでいる姿を見てホッとしております。校長先生の人柄もあって、楽しそうな運動会でした。
29日 5月 2019
5月28日、鳧舞のMK Ranchさん主催の「牧場作業体験会」に参加してきました。この企画は、人で不足に悩む馬山地、生産牧場のスタッフの働く方を改善し、ひいては新しい人材の発掘繋がるように企画されました。馬の馬房を日々清掃し、快適な環境を作ってあげることは重労働であり、忍耐が必要なことです。Bok...

さらに表示する