OUR POLICY

 

はじめまして、新ひだか町「暮らし サポーターズ.com」を運営しております木村です。

 

5年ほど前からの準備期間を経て静内末広町に居住して3年になります。

新ひだか町は北海道の太平洋側に面したサラブレッド生産の町です。今は、東京の自宅と北海道の2地域居住をしております。会社を完全退職した後は厳寒期を除いて、北海道暮らしを主にしたいと思っています。

 

新ひだか町の企画課 地方創生グループが運営する「ちょっと暮らし」は、北海道でもベスト10にランクインされるほど人気があります。それは、太平洋に面しているため、夏が涼しいという最大のメリットがあります。また、10棟と戸数が多いこと、料金が安いことや付帯する家電設備が充実していること、観光地へのアクセスと、牧場の緑に癒される環境の良さがあげられます。町の担当職員の方の人柄の魅力も見逃せないところです。

 

「暮らし サポーターズ.com」は全国の新ひだか町のファンの皆様が、気軽に集っていただけるサイトを目指しています。素敵な思い出が残せるように、お気軽にご意見をお寄せくださいませ。

充実した「ちょっと暮らし体験」のために

「ちょっと暮らし」を初めて体験する方や、2回目だけどこんなことを今年はやってみたい!そんな要望をお寄せください。馬産地では直接、生産牧場を訪問することは無理ですが「競走馬ふるさと案内所」をとうしての功労馬見学や、種付けシーズンを除けば憧れのG1馬に出会えるスタッドの見学もできます。繁忙期を除いた生産牧場へのレクチャーも企画したいと思っています。また、昆布漁やアポイに登りたい、町を楽しむ過ごし方を知りたいなど。日々を楽しむご相談もお気軽に。

移住者だから届けられること

行政が窓口となって「ちょっと暮らし」は運営されております。移住、Iターン、Uターンについてはハローワークや、不動産会社が担当しており、「ちょっと暮らし」の窓口からは紹介が限界になってしまいます。

居住・移住についてちょっとした相談や、知りたいことは、サポーターがお役に立てると思います。遠隔地からでは現地を確認できない、価格が妥当かどうかなどについて、不動産屋さんには聞きにくいことなど、ご相談いただければ対応いたします。売り物件の現地調査や、土地の現状など、不動産屋さんと連絡をとって現地を確認してまいります。遠隔地サービスの対応をメールまたは郵便などによってご連絡差し上げます。(郊外物件や内容により有料になる場合もあります、ご了承ください。)

暮らしサポーターズ.comは非営利組織です。

「暮らし サポーターズ.com」はコミュニケーション活動を通して、若い人のスキルを開発し、いつか地域に新しい産業が芽吹くことを期待して始めました。そのための刺激となれば幸いです。私たちは労働の対価として得られる所得以外は求めません。なるべく地元の商店、企業、工務店などに直接的な業務を請け負っていただきたいと思っています。

イベント情報をお届けします

新ひだか町では、町が主催する大きななシーズンイベントがあります。他に、JAが行う秋の収穫祭。町おこし協力隊や、青年部が行うスポーツなどのイベント、教育関係、図書館が行う文化行事、展示会などがあります。いろいろな方々が楽しい企画を立ち上げており、全国から集まっていただけるものもあります。体験住宅でちょっと暮らしをされている方が参加できそうなイベントを主に紹介してまいります。

いつでも WEBに参加してください

全国どこにお住いの方でも、新ひだか町でのお気に入りの写真や、動画がありましたらぜひメールで送ってください。WEBでアップさせていただきます。必ずコメントもつけてくださいませ。

 

お問い合わせ先

新ひだか町 暮らしサポーターズ
〒056-0026 北海道日高郡静内末広町2-12-21

Web: https://kurashi-supporters.com    Email:takao-kimura@fineworks.co.jp
Mobile: 080-2010-9810