WEB NEWS

サポーターズ・ハウス ご予約受付中

2019.10.02 BLOG 更新

2019.06.15 イベント情報 更新


今年最後の市場オータムセールから

10月15/16日今年最後のサラブレッド1歳馬のセリ、北海道市場が開催されました。気温もぐっと下がり、暖房も用意された会場は、秋めいた空気の中でも活発な競りが行われておりました。上場されていたのは444頭。セプテンバーセールの開設により売却率、売り上げが心配されたが、消費税が10%に上がった後を考えると善戦したようです。北海道市場は3年連続取引額100億円を突破した。来年度に向けて一定の予測が図れたのではないかと思う。

静内神社秋の例大祭から

あいにくの台風の襲来が、23日の予定が雨になってしまいました。秋の収穫と太平を祝い、昔は賑やかに行われたそうです。人口減少と高齢化に伴い宮司の存在を支えていく組織運営にも影響を与えそうです。伝統を受け継いでつないでいくというのは、本当に大変なことです。

今年、新設されたセプテンバーセールが終了しました

昨年はサマーセールの前にピレみアムセールと銘打った市場が開かれたのですが、今年は9月17,18日の2日間。天候に恵まれ。来場者数850名。購買実績社数220名の方々が北海道市場に来場され、長時間活発なセリが行われました。2日間トータルの売却総額は、1,479,500,000円(税抜き)で売却率は73.8%だったそうです。(主催者発表)最高額馬はNo.344ベネラの2018で1,910で落札されております。初年度のキズナ産駒の活躍によりポストディープの1番になったのでしょうか?来年のクラシックが楽しみではありますね。

二十間道路ハーフマラソンから

二十間道路ハーフマラソン・シベチャリマラソン開催

9月8日夏日のような気温の中、恒例のマラソン大会が開催されました。町内外から多くのランナーが健脚を競い合いました。ハーフマラソンのトップの方は速かったですね。スタートからゴールまで先を譲ることはなかったようです。5Km/10Kmを走られた方も異常な暑さでしたから、大変だったでしょうね。

2019サマーセール開催

北海道市場の夏のイベント、4日間で1270頭あまりが競売にかけられる、馬市が始まりました。7月のセレクションセールに比べてお手頃な価格でセリが進行しております。今年はディープインパクト、キングカメハメハという二大種牡馬が喪失しました。次の世代を築く新たな戦いが始まっています。馬産地の好況が伝えられております。実りあるセリになりことを期待しましょう。

静内川花火大会から

8月12日の休日、静内川花火大会が開催されました。この時期20度くらいになって夜は半袖では寒いくらいになります。今年は、音と花火の融合と題して、J-POPメドレーにのって花火が打ち上げられました。あいにく風がなくて、煙が漂ってしまい、ろくな写真は撮れておりません。レリーズの離すタイミングも1年に1度だけですから、感覚が戻らないうちに終わってしまいましたね。精進しなければ・・・

2019北海道市場開幕です

7月のセレクトセールに続いて、日高地区の生産馬を集めたセレクションセールが16日、北海道市場で開催されました。上場236頭、総売上31億、売却率83.4%と昨年を超える盛況だったそうです。最高額取引されたのは村田牧場生産のオーシャンフリートの2018牡。3,600万円で落札されました。馬の購買意欲が高まり、競馬熱が市場にも反映され、好況感が続いています。8月のサマーセール、そして今年から始まるセプテンバーセール、オータムセールと北海道市場は賑わい、町を訪れる人も多くなりますね。

お天気に恵まれた「蓬莱山まつり」でした

7月7日の「蓬莱山まつり」に、今年も暮らし・サポーターズが出店いたしました。地元の人たちとも交流が目的なので多くの子供たちがゲームに参加してくれて、景品が当たると喜ぶ顔にこちらも楽しめました。販売台からスチーマーまで一式貸し出していただいた中地牧場さんには本当にお世話になりました。準備から当日までお手伝いいただいた皆様ありがとうございました。イベントは疲れますが、舞台を作る裏方さんの努力も大変なものです。また、来年、頑張りましょう。

新緑が鮮やかな爽やかな季節です

札幌の大通公園では5月の「ライラック祭り」が行われていました。いたるところに色鮮やかな花々が咲き、乾燥した爽やかな風が抜ける気持ちの良い季節です。今年はエルニーニョ現象が発生し、本州では連日40度を超える日が続くと予想されました。北海道も例外なく暑い夏となりそうですね。

五月晴れの「桜まつり」から

10連休のゴールデンウィークに合わせて、二十間道路の桜が見事の咲き誇りました。3日からの好天が多くのお客様を迎えました。久しぶりに人口2万人あまりの町が交通渋滞になるという出来事です。令和という新しい時代の始まりに合わせて、ワクワクさせてくれるような高揚感をいただきました。関係者皆さんの汗と涙の結晶のようなイベントになりました。まだ咲いていない樹々もこれから遅くまで咲いてくれますから、静かになった桜並木を歩きたいと思います。

令和元年「しずない桜まつり」開催です

●期日/5月1日(水)〜6日(日)

●場所/二十間道路桜並木 

特設会場にて出店や各種イベントが開催されます。また期間中、龍雲閣が一般解放されております。4日には子供達の手作りのアクセサリーグッズのショップが出ます。「暮らし・サポーターズ」は3日よりちょっと暮らしのご案内や、移住相談のPRをやらせていただきます。イベント会場におりますので、見学にいらした方は是非お声をかけてください。よろしくどうぞ。

新学期、それぞれの新しい一歩が始まりました。

4月8日から北海道でも新学期が始まりました。日高山脈にはまだ雪が残って、風はまだ冷たく頬をうちます。今年の山手小には16名の新1年生が入学されました。16名しかいない!!と言った方が現実的なのかもしれませんね。それでもまだ100名以上の生徒さんが学習しているので、5年くらいは統廃合は大丈夫なのでは?などと話しております。毎日顔を合わす小学生にも愛着が湧いて、休めば気になって不思議なものです。この子供達に明るい未来が開かれるように・・・。

サポーターズ・ハウス ときわ町の2019年度宿泊予約受付を開始しました。詳しくは、「サポーターズ・ハウス」のページから、

予約状況を確認の上、施設概要をご理解いただき、下の申し込み欄よりアクセスしてください。やがてくる爽やかなシーズンに向けて、ぜひ北海道へお越しくださいませ。

いよいよ-24°cの寒波がやってくる

立春も過ぎ、都会では春一番が吹いたニュースが流れていました。札幌雪まつりがはじまりましたが、明日から−24°Cの最強寒波がやってくるそうです。日中がー10°Cってことは、外には出られませんね。新ひだか町は今が一番寒く、長い冬を感じております。日中の気温が−ですから凍った道はほとんど溶けてくれません。車の人は平気なんですね。歩くのには歩幅を狭めて下を向いて歩くので本当に疲れます。北のほうは毎日の雪かきですが、太平洋岸は本当に積もりません。早く暖かくならないかな〜

ときわ町ハウスのご案内

住所 日高郡新ひだか町静内ときわ町3-3-20

役場の前から消防署の前の交差点から、プラタナス通りをコープ方面へ。コープの入り口を静内高校グランドまで進み、その角を右、3軒目のクリーム色の住宅です。静内高校のグランドの裏にあります。

コープへ歩いて2〜3分、雨の日でも買い物には便利。役場まで歩いても裏道を通れば、10分かからないでつきます。

改装から申請までの取り組みは、ブログの方で書いていきますのでご覧くださいませ。